正しい基礎知識

薬用シャンプーはフケやかゆみ、匂いや頭皮湿疹に本当に効果あるの?

目安時間 8分
  • コピーしました


薬用シャンプーというシャンプーを聞いたことがありますか?

おそらくほとんどの人が聞いたことあると思いますが、薬用シャンプーが普通のシャンプーとどう違うのかを知っている人は案外少ない気がします。

おそらく薬用シャンプー購入者であっても成分の違いは把握しておらず、『薬用』とついているだけで、いろんな頭皮トラブルに対応できるのではないか?と解釈して購入している方がほとんどだと思います。

そんな薬用シャンプーですが、実は結構扱いが難しいシャンプーなのです。

今回は、その点についてしっかり解説していきたいと思います。

薬用シャンプーとは?

最初に注意しなければならない点は、このシャンプーは化粧品ではなくて、『医薬部外品』にあたるということです。

つまり厚生労働省が定めている『医薬部外品有効成分』が一定以上配合されていることの証明となり、確かに化粧品に比べると一定の効果があると認められている製品ということになります。

薬用シャンプーに含まれる有効成分の種類

では、シャンプーにおける有効成分というのはどのようなものなのかをここで解説していきます。

基本的に薬用シャンプーならではの有効成分は『フケ改善成分』『薄毛(抜け毛)改善成分』『かゆみ改善成分』の3つの種類になります。

フケ改善成分の例

・ジンクピリチオン
・ミコナゾール硝酸塩
・ポロクトンオラミンなど

薄毛改善成分例

・フィナステリド
・ミノキシジル
・アデノシン

かゆみ改善成分例

・グリチルリチン酸2K

有効成分はこれだけではありませんが、上記に書いてある成分例は実際によく使用されている成分なので、それぞれ自分が改善したい悩みがはっきりしているのであれば、しっかり裏のラベルを確認して選ぶようにしてください。

そうすることで、3つのうちどれに対して有効な成分が配合されているかがしっかりわかるので、まずは自分の悩みに合う薬用シャンプーを購入することが大切です!

ひとえに薬用シャンプーと言っても効果は3つのうちのどれかということになりますので注意してください。

頭皮湿疹と匂いに関しては効果的な有効成分はありません。

薬用シャンプーに副作用はあるの?

では、先程薬用シャンプーは化粧品ではなく医薬部外品という話をしましたが、医薬部外品とは化粧品と医薬品の中間に位置する分類です。

つまり有効成分が配合されていることで、ある一定の効果が見込めるということです。

ある一定の効果が見込めるということは、ある一定の副作用も起こる可能性があるということです。

ここでは、この三つのうち特にひどい副作用に見舞われることのある『フケ改善型薬用シャンプー』について紹介していきたいと思います。

フケ改善型薬用シャンプー(ジンクピリチオン)の副作用

では、この薬用シャンプーの副作用はどのようなものがあるのか最初に紹介しておくと『頭皮の匂い』『頭皮のかゆみ』『フケ』の主に三つになります。

ん?フケ?

そう思いますよね!

フケに効果のある有効成分の入ったシャンプーの副作用がフケってどうゆうこと?
と思うかもしれませんが、これは紛れもなく事実です。

まず、フケの原因ですが『でんぷう菌』という、人の表皮にいる常在菌(表皮に常に存在している菌)が増殖しすぎるとフケが発生してしまいます。

(人の表皮にいる常在菌はでんぷう菌だけではない)

なので、薬用シャンプーとは、フケの原因である『でんぷう菌』を殺してしまおう!

ということででんぷう菌を殺す有効成分である『ジンクピリチオン』などを配合しています。

ここでいう有効成分とは主に『殺菌剤』ということになります。

フケ改善型薬用シャンプーには殺菌剤が配合されており、でんぷう菌を殺してくれるということです。

つまり薬用シャンプーを使った直後はでんぷう菌が殺菌されるのでフケがでなくなります!

ここまで見るとかなり効果的な気がしますね!

しかしシャンプーは髪を洗った後に流すものなので、薬用シャンプーを流してしばらくすると雑菌がすぐに繁殖してしまいます。

なぜすぐに繁殖してしまうのか?

それは、私たちの皮膚に存在している常在菌の中には、皮脂を分解することで皮膚を肌本来の弱酸性に整える働きをもつ常在菌や、雑菌の繁殖を抑制してくれる皮膚常在菌が存在するからです。

ですが、殺菌剤が含まれた薬用シャンプーによってそれらの常在菌までも殺菌されてしまうので、薬用シャンプーを使用してしまうと非常に雑菌が繁殖しやすい状態に陥るということになります。

ではそうなってしまった場合どうすれば良いか・・・繁殖しすぎた菌から守るためには薬用シャンプーで殺菌するしかありません!

という負のスパイラルに陥ってしまう可能性があり、一度薬用シャンプーを使ってしまうと手放せなくなってしまうことにもなりかねません。

実際にフケに悩む男性が多いのは薬用シャンプーを使用する頻度が高いからにほかなりません。

元々フケは出るわけではないが、薬用とついているだけでなんとなく薄毛や抜け毛に効果があるかなと思って、使用してみたら今度はフケに悩まさせる・・・そんな方が非常に多いです。

ただしあくまでも『ジンクピリチオン』の副作用はこの程度で、噂されているような環境ホルモンの影響があるだとか、毒性があるなどの話は全くのデマなので必要以上にこの成分に対して恐怖を覚える必要はありません。

どんな分野でもトラブルが起きたらまずは原因を探ってみてください。

頭皮トラブルの原因とは

日本は先進国であるため、一つ日用品をとっても実にたくさんの種類があります。

そして、日本人は世界的にみてもとても綺麗好きな国民性を持っています。

しかし、日本人は綺麗好きすぎる人が多いために髪の毛や体を洗剤で洗いすぎてアトピーが多いというデータもあります。

つまり、フケやかゆみ、匂いなどの頭皮トラブルが実は洗いすぎで起こっている可能性もあるのです。

つまり、自分の頭皮の脂、汚れに対して洗浄力が強すぎるシャンプーを使用している可能性があります。

市販のシャンプーはどうしても洗浄力が強いので、美容院やネットで販売している少し高価なアミノ酸シャンプーやタウリン系シャンプーを試してみてはいかがでしょう?

当サイトでも紹介していますので、お問合せしていただければご相談にのることができます!

今まで髪の毛を洗いすぎたことによる乾燥でフケや匂い、かゆみが出ていた場合は劇的に改善する場合があります。

なんでもそうですが、何かあったときにすぐに薬に頼るのではなく、一度原因を探ってみてはいかがでしょうか。

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
  ☆人気記事ランキング☆
  カテゴリー
  ★当サイト管理者★

ゆうです♪

肩書:元サロン(美容院)専売品メーカーでヘアケアの研究開発。現在は子育てしながらちょこっと仕事しています!

出身地:愛知

年齢:33歳

3年間サロン専売品メーカーで『研究開発』をしているので、その知識を活かして『正しいヘアケア&お勧めシャンプーサイト』を立ち上げました。

市販のシャンプーも悪くはないのですが、カラーリングやパーマが流行している今、市販のシャンプーだけでは正しいヘアケアができないのが現状です。

インターネット上ではいろんな情報で溢れているのでサロンシャンプー開発者として知識を活かして正しいヘアケアの情報を発信していきたいと思います。

サイトをご覧になって疑問点があればお気軽にお問い合わせください!

お問合せフォーム

  アーカイブ
  メタ情報