シャンプー解析評価

アビスタエイジングケアシャンプーを開発者が成分解析し評価します!

目安時間 7分
  • コピーしました

このアビスタエイジングケアシャンプーは、通販で人気の『アミノ酸シャンプー』ということですが、果たして本当に高品質のアミノ酸シャンプーなのでしょうか?

通販のシャンプーは、イメージ宣伝がとても上手いので口コミやサイトの謳い文句で製品を選ぶのはとても危険です。

今回もしっかりイメージではなく中身のすべてである成分からこのシャンプーを解析していきたいと思います。

アビスタエイジングケアシャンプー評価


洗浄力:★★★☆☆
低刺激性:★★★★☆
しっとり感:★★★★☆
ダメージ補修力:★☆☆☆☆
コスパ:★★★☆☆
総合評価:★★★★☆

アビスタエイジングケアシャンプーの全成分

水、コカミドプロピルベタイン、ココイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸Na、ココアンホプロピオン酸Na、コカミドDEA、プロパンジオール、グリセリン、ベタイン、フムスエキス、リンゴ果実培養細胞エキス、ライム果汁、リンゴエキス、ナツメ果実エキス、グレープフルーツ果実エキス、サンザシエキス、オレンジ果汁、レモン果汁、ホエイ、乳酸、レシチン、ココイル加水分解ダイズタンパクK、グリチルリチン酸2K、ローマカミツレ花エキス、シロキクラゲ多糖体、ゴボウ根エキス、サクラ葉エキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花エキス、オランダカラシエキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリーエキス、スギナエキス、ホップエキス、アルガニアスピノサ核油、ツバキ油、ポリクオタニウム-10、ベヘントリモニウムクロリド、ダイズステロール、γ-ドコサラクトン、カプリリルグリコール、カプリン酸グリセリル、ラウリン酸ポリグリセリル-2、ラウリン酸ポリグリセリル-10、キサンタンガム、ノバラ油、リンゴ種子油、ローズマリー油、オレンジ油

主成分は最高品質の洗浄成分配合

シャンプーで最も大切なのは言うまでもなく洗浄成分です。このシャンプーで使用している洗浄成分を配合量の多い順に並べてみるとこうなります。

・コカミドプロピルベタイン
・ココイルメチルアラニンNa
・ココイルグルタミン酸Na
・ココアンホプロピオン酸Na
・コカミドDEA

水の次に配合されているのはコカミドプロピルベタインなので、このシャンプーの洗浄成分のベースがこの成分となります。

この成分は、ベタイン系と言うことで市販のシャンプーの補助成分としてもよく配合されますが、ベビーソープの主成分としても配合されるほど刺激を抑えた成分です。

洗浄力は若干弱めですが、低刺激という意味では優秀です。

二番目はココイルメチルアラニンNaというアミノ酸系の成分ですね!有名なアミノ酸シャンプーと呼ばれるものですが、アミノ酸系の中でも刺激性と洗浄力のバランスが絶妙の優れた成分です。

主成分こそベタイン系の洗浄力が弱めのものを使用していますが、基本的にアミノ酸系成分でまとめられており、刺激をしっかり抑えながらも洗浄力を確保した高品質な洗浄成分となります。

豊富な保湿成分

・ベタイン
・グリセリン
・シロキクラゲ 多糖体

保湿成分としてはこの三種類が配合されています。

一般的な保湿成分はベタインとグリセリンで、ベタインとはアミノ酸系の保湿成分なので刺激がほとんどない安全性の高いものになります。

グリセリンは皆さん知っていると思いますが、BGやPGに比べて『しっとり感』がでる
保湿剤で、こちらもかなり安全性は高いです。

これらの豊富な保湿成分のおかげで、梅雨時などに起こるくせ毛を少し緩和してくれます。

さらに特徴的な保湿成分としてシロキクラゲ多糖体という保湿成分が配合されています。

この成分は、ヒアルロン酸レベルの保水力ということですが、成分表を見ると下の方に書かれていますよね。

配合量が1%以下のものに限っては、配合量順に記載しなくて良いというルールがあるのですが、エキス系より下に書かれているということで1%以下と推測することができます。

つまり、どれだけ保水力が高くてもこの配合量では洗い流してしまうシャンプーの場合、十分な保湿力を得るのは難しいです。

なので、実質このシャンプーの保湿成分は二つということになりますね。

ナノリペアーはすごいの?

ナノリペアとは、ドライヤーの熱により髪のダメージ部に吸着して補修するイメージの成分ですが、このシャンプーではγ-ドコサラクトンがそれにあたります。

配合量は多くなさそうですが、「ハリ・コシ」、「うねり」などの改善が見込めます。

このシャンプーはくせ毛に特化したシャンプーなので、ダメージ補修成分より保湿成分を重点的に配合したというような感じです。

まとめ

シャンプーにおいて最も大切な洗浄成分はアミノ酸系界面活性剤の中でも特に低刺激で高品質なものをブレンドしています。

また、そのわりに適度な洗浄力もあり、フケやかゆみなどの頭皮トラブルを抑えてくれそうです!

このシャンプーはくせ毛の方向けに作られているので、ダメージ補修成分より保湿成分をたくさん配合しています。

また、ココイルメチルアラニンNaと保湿成分の配合のおかげで洗い上がりがかなりしっとりします。

ただしお値段は張ります。

▼公式販売サイトはこちら▼


  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
  ☆人気記事ランキング☆
  カテゴリー
  ★当サイト管理者★

ゆうです♪

肩書:元サロン(美容院)専売品メーカーでヘアケアの研究開発。現在は子育てしながらちょこっと仕事しています!

出身地:愛知

年齢:33歳

3年間サロン専売品メーカーで『研究開発』をしているので、その知識を活かして『正しいヘアケア&お勧めシャンプーサイト』を立ち上げました。

市販のシャンプーも悪くはないのですが、カラーリングやパーマが流行している今、市販のシャンプーだけでは正しいヘアケアができないのが現状です。

インターネット上ではいろんな情報で溢れているのでサロンシャンプー開発者として知識を活かして正しいヘアケアの情報を発信していきたいと思います。

サイトをご覧になって疑問点があればお気軽にお問い合わせください!

お問合せフォーム

  アーカイブ
  メタ情報