シャンプーに使用される成分

アミノ酸シャンプーの成分効果!合わない人もいる?

目安時間 10分
  • コピーしました


最近になって注目されてきているアミノ酸シャンプーですが、なんとなく頭皮や肌に優しいイメージがあるぐらいで詳しい特徴を知っているという方は意外と少ないのではないかと思います。

この記事ではアミノ酸シャンプーがどうゆうものなのかを徹底的に説明していきたいと思います。

アミノ酸シャンプーって一体何?どの成分が違うの?

アミノ酸シャンプーってよく聞くけど、他のシャンプーの成分と何が違うの?と思っている方が多くいらっしゃると思うので、そこから説明していきます!

まずシャンプーってざっくりどんな成分で作られているかというと、主成分は界面活性剤です。界面活性剤とはシャンプーにおいては『洗浄成分』にあたる成分です。

そもそもシャンプーとは、髪の毛を洗うものですので、いうまでもなくシャンプーの品質を左右するのは洗浄成分である界面活性剤です。

そして、アミノ酸シャンプーとは、シャンプーの核である界面活性剤にアミノ酸系界面活性剤を使用しているシャンプーのことを指します。

つまりシャンプーで最も大切な洗浄成分である界面活性剤が、他のシャンプーとは全く違うということです。

このアミノ酸界面活性剤は正式には『N-アシルアミノ酸系界面活性剤』といい、難しい話をすると界面活性剤の分類としては陰イオン界面活性剤になります。

陰イオン界面活性剤というと、市販品に多く含まれる高刺激・低品質で有名な『ラウレス硫酸Na』と同じことから他サイトでは酷評されることもしばしばありますが、同じ陰イオン系界面活性剤でもラウレス硫酸Naなどの高級アルコール系と呼ばれるものと、アミノ酸系界面活性剤とでは品質が全く違いますので、同じ陰イオン系界面活性剤でも中身は全く違うんだ!ということを覚えておいてください。

では、そんなアミノ酸シャンプーですが、このアミノ酸系界面活性剤がどれくらいシャンプーに配合されていれば、アミノ酸シャンプーと言えると思いますか?

実は、アミノ酸シャンプーには定義は決まっていません。

なので極端な話、一滴でもアミノ酸系成分を入れてしまえばアミノ酸シャンプーと呼べてしまうので、それをいいことに少しだけアミノ酸系成分を配合してアミノ酸シャンプーと販売するメーカーもたくさんあります。

美容院で販売しているようなシャンプーは、美容師と相談しながら購入することが可能ですが、最近では通販でアミノ酸シャンプーを買える時代なので、成分を読み解く知識がないと自分の求めるシャンプーを購入することができないので、注意が必要です。

それでは、アミノ酸シャンプーの特徴について見ていきましょう。

アミノ酸シャンプーの特徴(メリット)

・低刺激でありながら十分な洗浄力
・カラーリングやパーマで傷んだ髪に優しい

上記の2点が特に重要なアミノ酸シャンプーの特徴です。

低刺激なのに適度な洗浄力!

なんといってもアミノ酸シャンプーの最大の特徴(メリット)は、低刺激であるにもかかわらず十分な洗浄力をもつところにあります。

中にはアミノ酸シャンプーのデメリットとして洗浄力が弱いことを挙げているサイトもありますが、それは間違っています。

市販の安いシャンプーの洗浄力に比べれば弱いというだけで、頭皮を洗浄するのに最も適した洗浄力を持つ洗浄成分こそアミノ酸洗浄成分です。

洗浄力というのは高くても低くても良くありませんので、適度な洗浄力というのはそれだけで頭皮にとても良いのです。

適度な洗浄力で髪の毛を洗うことで、頭皮のかゆみやフケや臭いなど様々なトラブルを抑えてくれます。

また、ツヤ髪やうる髪を保つにはアミノ酸系成分が必要不可欠です。

カラーリングやパーマ毛で傷んだ髪にも最適!

アミノ酸洗浄成分は、他の洗浄成分とは違い弱酸性下で最も高い洗浄力を発揮します。

この性質がかなりのメリットにつながります。

頭皮や手肌は元々弱酸性ですが、ヘアカラーやパーマをしてしまうと頭皮は弱酸性からアルカリ性に傾いてしまいます。

(肌に優しいと言われる石鹸シャンプーを使っても同じことです。)

髪の毛の表面を覆っているキューティクルは、アルカリ性になると開き、酸性になると閉じる性質を持っているので、アルカリ性となることでキューティクルが開いてしまい、ギシギシのきしみやすい髪質になってしまうのです。

しかし、そんな状態の中でも弱酸性のアミノ酸シャンプーを毎日使うことによってアルカリ性に傾いていた髪を徐々に肌と同じ弱酸性に戻してくれます。

弱酸性になることで開いていたキューティクルが閉じ、それによってカラー剤やパーマ液を閉じ込めることができるので、カラーやパーマが長持ちしやすくなるというメリットもあります。

ここまでの説明でアミノ酸シャンプーがいかに低刺激で敏感肌などの方にも最適であるシャンプーであるかがわかってもらえたと思いますが、アミノ酸シャンプーの長所はこれだけではありません。

肌にも環境にも優しい

このアミノ酸シャンプーに使用されるアミノ酸系界面活性剤は、脂肪酸とアミノ酸の化合物なので、とても分解されやすく環境にも優しいのです。

あのセッケンと同レベルの生分解性があるとまで言われているぐらいなので、水で洗い流した後に残留するなんてことはありません。

つまり、刺激がない上に残留性もないため、頭皮や肌、髪の毛へのダメージが最小限ですみます。

アミノ酸シャンプーの注意点!合わない人もいるの?

ここまでアミノ酸シャンプーのメリットについて話してきましたが、アミノ酸シャンプーはほとんど手肌や頭皮に刺激がないということは、裏を返せば洗浄力が低すぎるということではないのか?

という疑問を持つと思います。

実際に私の周りにも『アミノ酸シャンプーは私には合わなかったな』って言われる人が結構います。

しかし、それは間違っていて、その方が合わなかったのはアミノ酸シャンプーではなく、あくまでもそのシャンプーだけです。

たった一つのアミノ酸シャンプーを使用して、それが合わないからと言ってアミノ酸シャンプーすべてが合わないと思うのはちょっと違います。

ひとえにアミノ酸シャンプーと言っても洗浄力が低いものから高いものまで幅広くありますので、自分に合う洗浄力のシャンプーを使えば良いのです。

アミノ酸シャンプーを一くくりにして洗浄力が弱い!なんて言う方もいますがそれは間違っています。

刺激をできるだけ抑えながら、一定の洗浄力を確保できる洗浄成分こそ、『アミノ酸界面活性剤』なのです。

そうはいっても世の中には様々な人がいるので、すべての人に効果があるとは言えませんが、ワックスなどの整髪料を毎日つけるような方でも現在のアミノ酸シャンプーは十分対応できます。

ただ、1点市販の洗浄力が強いシャンプーからアミノ酸シャンプーに替えた時に注意点があります。

それは市販のシャンプーはあまりにも洗浄力が強すぎるので、アミノ酸シャンプーに替えた時に頭皮のベタつきや痒みが見られることがあります。

しかし、これはアミノ酸シャンプーの洗浄力が足りないのではなく、市販のシャンプーが必要以上に頭皮の脂を奪うので、頭皮が頑張って今まで脂をたくさん出していたのです。

なので、シャンプーを替えたばかりはそれに対応できませんが、1週間もすれば頭皮から出る脂の量も減りべたつきが無くなるってことがあるので、すぐにあきらめずに使用を続けてほしいと思います。

もし10日ほど使用してもベタつきが改善されない場合はそのシャンプーでは洗浄力が弱すぎる可能性があります。

その時に市販品の高洗浄力のシャンプーに戻ってしまうのではなく、ワンランク洗浄力が高いアミノ酸シャンプーを試してみてください。

そうすることで、必ず自分に合うアミノ酸シャンプーが見つかります。

通販で販売しているアミノ酸シャンプーのほとんどが、返金保証制度を設けていますので、それを利用して自分に合うシャンプーを探してみてください!

このサイトではおすすめアミノ酸シャンプーの紹介やシャンプーの選び方についても解説しているので、よかったら参考にしてください。

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
  ☆人気記事ランキング☆
  カテゴリー
  ★当サイト管理者★

ゆうです♪

肩書:元サロン(美容院)専売品メーカーでヘアケアの研究開発。現在は子育てしながらちょこっと仕事しています!

出身地:愛知

年齢:33歳

3年間サロン専売品メーカーで『研究開発』をしているので、その知識を活かして『正しいヘアケア&お勧めシャンプーサイト』を立ち上げました。

市販のシャンプーも悪くはないのですが、カラーリングやパーマが流行している今、市販のシャンプーだけでは正しいヘアケアができないのが現状です。

インターネット上ではいろんな情報で溢れているのでサロンシャンプー開発者として知識を活かして正しいヘアケアの情報を発信していきたいと思います。

サイトをご覧になって疑問点があればお気軽にお問い合わせください!

お問合せフォーム

  アーカイブ
  メタ情報