シャンプーに使用される成分

シャンプーなどの化粧品にパラベンやフェノキシエタノールは必要?

目安時間 7分
  • コピーしました

化粧品には必ずと言って良いほど、防腐剤というものが配合されています。

中には防腐剤不使用と書かれた化粧品もありますが、防腐剤を入れていない化粧品は菌が発生しやすくなるため使用期限が短くなります。

なので、基本的には化粧品が腐らないため(使用期限を伸ばすため)に防腐剤を配合します。

そんな化粧品の菌による肌(頭皮)トラブルを防ぎ、長い期間製品を使えるようにしてくれる優れた成分が防腐剤です。

しかし一部の方は、防腐剤によりアレルギーを起こしてしまったり、肌(頭皮)トラブルの原因となったという報告があるのも事実です。

果たして防腐剤は私たちにとって悪いものなのでしょうか?

化粧品に防腐剤は入れるべきなのでしょうか?

今回は、防腐剤について解説していきたいと思います。

防腐剤はいれるべきなのか?

防腐剤については様々な議論が飛び交っていますが、基本的に防腐剤に関してはあまり気にする必要はありません。

一般的に食品以外でこの言葉を使うのは違和感があると思いますが、シャンプーは紛れもなく『生もの』です。

しかもシャンプーは一度あけてから使い切るまでに一ヶ月以上は経過してしまうと思いますし、最近では環境に配慮していることで、詰替用の方が売れる時代なので、同じシャンプーボトルで1年以上使用している方も多いのではないでしょうか?

そんな状態の中で、防腐剤も入れずに生ものであるシャンプーを使い続けたら当然すぐに菌が繁殖してしまいます。

しかもシャンプーの成分は微生物のエサになりやすいです。

当サイトでおすすめしているアミノ酸シャンプーもまさにそうで、水やアミノ酸誘導体、糖類などを配合するシャンプーは菌にとっては絶好の繁殖スペースとなってしまうのです。

食品でもなんでもそうですが、一部の方は必要以上に防腐剤や添加物などを嫌い自然派を好む方がいますが、食品に関して言えば添加物を嫌って必要以上に自然派にこだわる場合、今度は食中毒などの危険性が増します。

何かを犠牲にすれば何かべつの問題が必ず引き起こされます。

防腐剤も同じで、確かに一部の方には肌荒れなどのトラブルがわずかな確率で起こることは確かですが、必要だから配合されているのです。

むやみに危険だからと配合を否定する考え方こそ少し危険なのです。

腐りやすいシャンプーを冷蔵庫ではなく、お風呂場という常温の場所で何ヶ月も保存しなくてはいけないのです。

菌が発生したシャンプーを使用すればそれこそ頭皮トラブル必至です。

なので、私の考えでは仮に多少のリスクがあろうともシャンプーには絶対に防腐剤は入れるべきということになります。

防腐剤の頭皮への影響は?

防腐剤の代表的なものにパラベンという成分がありますが、これは表示指定成分(アレルギーを引き起こす恐れのある成分)に指定されています。

このように聞くとなんだか怖いなと思うかもしれませんが、防腐剤の配合量は1%以下と法律で定められていますし、パラベンやフェノキシエタノールなどの防腐剤は使用実績や長年積み重ねてきた臨床データがありますので、それほど気にしなくても良いです。

しかも現在では、どの化粧品もパラベンであれば配合量は法律の半分である0.5%未満に設定されていますし、実際防腐剤でアレルギーを起こす確率は1000人に1人ぐらいの割合です。

これを多いととるか少ないととるかは考え方次第ですが、物事には必ずリスクがあります。

菌が発生しているシャンプーによる頭皮トラブルの危険性を考えたら、多少の刺激性リスクは目をつぶるべきだと思います。

では、その1000人の中の1人に自分が当てはまったらどうするかということですが、それは違う種類の防腐剤が配合されている製品に切り替えれば良いのです。

今では、ほとんどアレルギーリスクを持たない『フェノキシエタノール』などの防腐剤もありますので、もしパラベンでアレルギーが起きたとしてもそちらに切り替えれば良いのです。

20年30年前とは違い、今では防腐剤に関しては本当に必要最低限の量しか配合されていませんので、それほど考えすぎる必要はありません。

ちなみにシャンプーにはほとんどの場合香料が配合されていますが、香料によるアレルギーリスクは防腐剤の5倍~6倍です。

なので、防腐剤に関して議論をするのであれば、その前にシャンプーの香料をどうにかしなければならないという話なのです。

シャンプーの香料でアレルギーが出たことがある人でさえ滅多にいないのではないでしょうか?

それを考えればいかに防腐剤でアレルギーを起こす人が少ないかがわかると思います。

防腐剤無添加製品には注意が必要

防腐剤の印象があまりよくないことで、一部のメーカーでは防腐剤不使用の化粧品を販売しているようです。

特にオーガニック製品に多く、『アレルギーリスクのある防腐剤不使用!』と謳ってあたかも自社製品が低刺激であることをアピールしている製品も数多くありますので注意が必要です。

また、世間に嫌われているパラベンの代わりに使用実績があまりなく、まだよくわかっていない防腐剤を使用しているケースも数多くあります。

そのような化粧品には決まって『パラベン不使用』と書かれています。

あたかもパラベンが悪者のような書き方をしていますが、防腐剤の中では何年も前からあるもので、臨床データも膨大な年数ありますので一定の安全性はあるのです。

なので、そのようなメーカーには騙されないようにしましょう。

一番良い防腐剤は何か?

これに関しても人によるので一概には言えませんが、私が考える最もオーソドックスな防腐剤はパラベンです。

パラベンは防腐剤の中でもわりと強力なので、少ない量を配合するだけで効果があります。

ですが、もしパラベンで刺激を感じたら『フェノキシエタノール』が配合されているものを選んでください。

基本的にはパラベンで、もしもパラベンで刺激を感じたらフェノキシエタノールという流れが最も自然で良いのではないかと思います。

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
  ☆人気記事ランキング☆
  カテゴリー
  ★当サイト管理者★

ゆうです♪

肩書:元サロン(美容院)専売品メーカーでヘアケアの研究開発。現在は子育てしながらちょこっと仕事しています!

出身地:愛知

年齢:33歳

3年間サロン専売品メーカーで『研究開発』をしているので、その知識を活かして『正しいヘアケア&お勧めシャンプーサイト』を立ち上げました。

市販のシャンプーも悪くはないのですが、カラーリングやパーマが流行している今、市販のシャンプーだけでは正しいヘアケアができないのが現状です。

インターネット上ではいろんな情報で溢れているのでサロンシャンプー開発者として知識を活かして正しいヘアケアの情報を発信していきたいと思います。

サイトをご覧になって疑問点があればお気軽にお問い合わせください!

お問合せフォーム

  アーカイブ
  メタ情報