正しい基礎知識

無添加シャンプーが赤ちゃんやアトピーに効果があるとは限らない!

目安時間 7分
  • コピーしました


今やシャンプーを始めとする化粧品の代表的な謳い文句に、天然成分配合とか、オーガニックなどの自然派を意識する消費者に好印象をもたらす宣伝方法が主流となっています。

オーガニックや無添加などの言葉を聞くと、なんだか髪の毛や肌に良さそう!

と誰もが思うと思います。

今回はそんな謳い文句の中の一つである『無添加』の真実についてお話していきたいと思います。

無添加シャンプーって何?

無添加シャンプーと聞くと、『体に悪そうな成分が一切配合されていないシャンプー』のことをイメージすると思いますが、そもそも無添加シャンプーって何が無添加なの?

と疑問に思ったことはないでしょうか。

一体何が無添加だと無添加シャンプーと言えると思いますか?

実は決まっていません。

美容メーカーは、頭皮や髪の毛に優しそうというイメージで無添加シャンプーと名付けることがありますが、無添加シャンプーの定義は全く決まっていないのです。

極端なことを言ってしまえば、どんなシャンプーでも無添加シャンプーとして売ることができるのです。

この記事のタイトルに無添加シャンプーはおすすめできないと書きましたが、すべての無添加シャンプーが悪いという意味ではなく、無添加シャンプーだからといって必ずしも良いものではないということです。

『無添加』は頭皮や肌に悪い成分が入っていないという意味ではありません!

何が無添加であるのかということは、企業が勝手に決めれるのです。

つまり、無添加だからといって良いものとは限らないというのはそうゆう理由です。

中には添加しないことが当たり前のような成分に対して無添加シャンプーと言っているような低品質のシャンプーもごろごろあるので注意してほしいです。

また、それとは反対に本来添加しなければいけない成分なのに無添加シャンプーと言いたいばかりに配合しないケースもまれですがあります。

特に通販ではその傾向が特に強いです。

インターネットで『おすすめ無添加シャンプー』と調べるとたくさん出てくると思います。

どの商品もとても良さそうに見えると思いますが、購入の際は注意が必要です。

低品質のシャンプーに騙されないために

このサイトではしつこいぐらいに言っていますが、低品質のシャンプーに騙されないためには無添加〇〇とかオーガニック〇〇などのうたい文句を意識せずに、とにかく全成分を見てほしいです。

せっかく化粧品は配合されている全成分の表示が義務化されているのですから、それを利用しない手はありません。

消費者はこのような企業のイメージ戦略による謳い文句ではなく実際に配合されている成分を見て使用する製品を決めるのが得策です。

企業の宣伝はかなり上手いです。

化学を専門としてきて現在は美容院のシャンプーの開発をしている私ですら大手企業などの謳い文句は良い製品と錯覚してしまいそうになるほどのレべルです。

本当に良いシャンプーとは何か・・

と聞かれると難しく感じるかもしれませんが、シャンプーとは本来何のためにあるのか?

を考えると本当に大切な成分がわかると思います。

シャンプーの本来の目的は『頭皮の洗浄』です。

つまり、本当に良いシャンプーとは、洗浄成分に高品質の界面活性剤(洗浄成分)を使用しているかどうかということになります。

それなのに、シャンプーの謳い文句を見ると天然の〇〇とか植物エキス配合とか洗浄に関係ない宣伝ばかりしているのが目につきます。

そんな微量しか配合されていないような成分で判断していたら良いシャンプーには出会えません。

シャンプーを選ぶときはしっかりその洗浄成分を見て選びましょう。

現在は、アミノ酸系界面活性剤という頭皮と同じ弱酸性において洗浄効果を発揮する高品質な洗浄成分がありますので、頭皮や髪の悩みを持つ方は、無添加シャンプーを選ぶのではなく、主成分にアミノ酸系洗浄成分を使用しているアミノ酸シャンプーを選んでみてください。

ただし、このアミノ酸シャンプーにも明確な定義がありませんので、購入の際にはやはり成分から選ぶことが重要となってきます。

赤ちゃんやアトピーで悩む方におすすめのアミノ酸シャンプー

基本的に赤ちゃんであってもアトピーで悩む方であっても、それ以外の方でもおすすめするシャンプーはそれほど変わりません。

私が最もおすすめするシャンプーは『メインの洗浄成分にアミノ酸洗浄成分』を配合しているシャンプーです。

シャンプーは配合量の多い順に成分名が並べられているので、一番多く配合されている成分がアミノ酸系のものかを判断するだけです。

赤ちゃんでしたら、このシャンプーもおすすめです。

赤ちゃんに優しい無添加ベビーソープ《Dolci Bolle》

洗浄力を弱めに設定しつつ、このシャンプーは赤ちゃんの肌を乾燥から守るために保湿にこだわったシャンプーです。

ただ、赤ちゃんの肌は弱いので、どんな成分に刺激を感じるかは正直わかりません。

赤ちゃんのために配合した保湿成分に刺激を感じる赤ちゃんもいると思います。

どんなに良い成分を配合していても赤ちゃんにとっては合わないこともあります。

しかし、そんな時のためにも通販のシャンプーは返金保証制度がついているので、もしお肌に合わなければ返品して返金してもらうだけなので、効率的です。

通販でものを買うのは抵抗があると思いますが、返金保証制度が充実しているのでシャンプーは通販で買うメリットがあります。

他にも当サイトでは高品質なシャンプーを紹介していますので、もしよければ参考にしていただけると幸いです。

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
  ☆人気記事ランキング☆
  カテゴリー
  ★当サイト管理者★

ゆうです♪

肩書:元サロン(美容院)専売品メーカーでヘアケアの研究開発。現在は子育てしながらちょこっと仕事しています!

出身地:愛知

年齢:33歳

3年間サロン専売品メーカーで『研究開発』をしているので、その知識を活かして『正しいヘアケア&お勧めシャンプーサイト』を立ち上げました。

市販のシャンプーも悪くはないのですが、カラーリングやパーマが流行している今、市販のシャンプーだけでは正しいヘアケアができないのが現状です。

インターネット上ではいろんな情報で溢れているのでサロンシャンプー開発者として知識を活かして正しいヘアケアの情報を発信していきたいと思います。

サイトをご覧になって疑問点があればお気軽にお問い合わせください!

お問合せフォーム

  アーカイブ
  メタ情報