シャンプー解析評価

アロマのやさしさシャンプーの評判は痒い?成分解析から評価します!

目安時間 8分
  • コピーしました


アミノ酸シャンプーとは、しっかりとした定義はなく、その名前に曖昧さがありますが、一般的に認識されているアミノ酸シャンプーの定義は、『ベースにアミノ酸系洗浄成分を使用しているということ』です。

サブ的要素で使用するのではなくてメインでアミノ酸系洗浄成分を配合しているシャンプーこそアミノ酸シャンプーといえます。

今回は、そんなアミノ酸シャンプーの一つである『アロマのやさしさシャンプー』の成分を評価していきたいと思います。

アロマのやさしさシャンプーの全成分

水(精製水)、ココイルグルタミン酸TEA、ラウロアンホ酢酸Na、ラウラミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ラウラミノプロピオン酸Na、ココイルアラニンTEA、ラウラミンオキシド、ホホバ油、コムギ胚芽油、オレンジ油、ローズマリー油、ティーツリー油、ラベンダー油ラベンダー、ベルガモット果実油、オニサルビア油(クラリーセージ油)、グリセリン油、カミツレエキス(カモミールエキス)、セイヨウハッカエキス、メリッサエキスメリッサ(レモンバーム)、セージエキス、レモングラスエキス、ユズ果実エキス、乳酸オレイル、クエン酸、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ポリクオタニウム-10、BG、塩化Na、メタリン酸Na、エタノール、フェノキシエタノール

アロマのやさしさシャンプーの評価


洗浄力:★★★☆☆
低刺激性:★★★☆☆
しっとり感:★★★☆☆
ダメージ補修:☆☆☆☆☆
コスパ:★★★☆☆
総合評価:★★★☆☆

主な洗浄成分

・ココイルグルタミン酸TEA
・ラウロアンホ酢酸Na
・ラウラミドプロピルベタイン
・コカミドメチルMEA

主な洗浄成分は4種類で構成されています。

その中でココイルグルタミン酸TEAがアミノ酸洗浄成分となります。

4つのうち1つだけ?と思われるかもしれませんが、全成分を見ると水の次に多く配合されているのがこのココイルグルタミン酸TEAとなります。

なので、アミノ酸洗浄成分をベースとして作られたしっかりとしたアミノ酸シャンプーといえます。

この成分の特徴は、敏感肌の方でも安心して使用できるほどの低刺激性をもちますが、少し洗浄力が弱い成分なので、人によっては頭皮の汚れを落としきれずかゆみなどの症状が出る場合がありそうです。

他の3つの洗浄成分も低刺激性という意味では優秀ですが、あくまでも発泡剤や刺激緩和目的で配合されているものばかりなので、洗浄力底上げしてくれるものではありませんので、理想の洗浄力よりも少し劣る印象です。

ノンシリコンだけどきしまないの?

このシャンプーはシリコンは配合されていません。

公式サイトを見ると、『シリコンは髪や頭皮を根本的に改善してくれない』から入れません!みたいな書き方がされています。

これを見るとシリコンを入れても何も効果がないような言い方ですが、シリコンはシャンプーで髪の毛を洗ったときに乾燥からきしむのを防いでくれる働きがあります。

確かにこのシャンプーの洗浄力は低めなのでシリコンが絶対必要というわけではありませんが、洗浄力の強いシャンプーの場合、髪の毛をシリコンでコーティングしてあげないと、きしみや摩擦から髪の毛の切れ毛が増えたりしますので、そうゆう意味でシリコンは必要です。

シリコンは非常に安全性の高い成分なので、特別毛嫌いする必要もありません。

ただ、このシャンプーはシリコンの代わりにしっかりとヘアコンディショニング剤が配合されています。

・乳酸オレイル
・ポリクオタニウム-10

上記2点がそれにあたります。

乳酸オレイルも、ポリクオタニウム-10も髪の毛のきしみを緩和してくれる働きをもつ良い成分ですが、ヘアコンディショニング剤を別で入れるのであればシリコン入れればいいのにというのが率直な考え方です。

ダメージ補修成分は無配合

このシャンプーにはダメージ補修成分が配合されていません

つまり、完全に敏感肌である方向けのシャンプーであるということです。

もともと頭皮トラブルが起こりやすい敏感肌の方は、カラーリングやパーマをしていないだろう・・という前提のもとダメージ補修成分を無配合とし、価格を抑えたような印象です。

ですが、それにしては少し価格が高いと思ってしまいます。

精油が多く痒みにつながる!

このシャンプーには植物エキスと精油が結構たくさんの種類配合されています。

これらはなんとなく髪の毛に対してプラスの効果をもたらしてくれそうな印象がありますが、ラベンダー油などの精油は人によっては刺激になるので、それが痒みに繋がる場合があります。

このシャンプーが敏感肌向けのシャンプーと言うのであれば何種類もの精油を入れるべきではありません。

まとめ

このシャンプーは洗浄力が少し弱めに設定されている分、洗浄成分は低刺激もので構成されています。

ただ、精油の量と種類が多いのがマイナスポイントで、せっかく洗浄成分を低刺激にしていても精油の方で頭皮トラブルが起こる可能性があります。

今まで市販のシャンプーなどで頭皮トラブルに悩まされてきた敏感頭皮の方が使用すれば、ある程度の改善は見込めるかもしれませんが、そのあたりは人によるので何とも言えません。

また、このシャンプーの液性はクエン酸配合により頭皮と同じ弱酸性に設定されていますが、ダメージ補修成分は配合されていません。

そのためカラーリングやパーマを繰り返したハイダメージの方には向きませんので注意してください。

ただ、通販でシャンプーを購入するメリットとしては、『返金保証制度』が設けてあることです。

だいたいどのシャンプーも10日~2週間程度設けてある場合があるので、シャンプーを変えてすぐに異変が現れても少しの間は使用してみてください。

使用を続けることで治る場合もあるので、すぐに諦めずに返金保証制度の日数をしっかり使ってから判断してほしいと思います。

▼公式販売サイトはコチラ▼


  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
  ☆人気記事ランキング☆
  カテゴリー
  ★当サイト管理者★

ゆうです♪

肩書:元サロン(美容院)専売品メーカーでヘアケアの研究開発。現在は子育てしながらちょこっと仕事しています!

出身地:愛知

年齢:33歳

3年間サロン専売品メーカーで『研究開発』をしているので、その知識を活かして『正しいヘアケア&お勧めシャンプーサイト』を立ち上げました。

市販のシャンプーも悪くはないのですが、カラーリングやパーマが流行している今、市販のシャンプーだけでは正しいヘアケアができないのが現状です。

インターネット上ではいろんな情報で溢れているのでサロンシャンプー開発者として知識を活かして正しいヘアケアの情報を発信していきたいと思います。

サイトをご覧になって疑問点があればお気軽にお問い合わせください!

お問合せフォーム

  アーカイブ
  メタ情報