シャンプーに使用される成分

シャンプーの天然由来成分と植物由来成分の定義は?肌や頭皮にどうなの?

目安時間 7分
  • コピーしました


シャンプーに限らず、いろいろな化粧品でも『天然成分配合』『オーガニック処方』『植物由来成分100%』なんて言葉を耳にすると、肌や髪に効果ありそう!

と誰でも思ってしまいますよね。

実際は、天然成分とか植物由来成分だから良いなんてことは全くありませんが、メーカーがそうゆう謳い文句を作るのはやっぱり売れるからです。

天然由来成分植物由来成分はどうゆうものなのかをしっかりお伝えしていきます。

天然由来成分と植物由来成分の定義とは?

天然成分と植物由来成分にはしっかりとした定義と呼べるものはありませんが、ここではどのようなものを天然成分とか植物由来成分と呼ぶのかを簡単に説明します。

天然由来成分

その名のとおり、天然から採取したものを原料として作ったものです。

そのままですね。

天然で自然界に存在するものを材料として、作られたものです。

多くの人はこの天然由来成分というものに対してかなりポジティブに捉える傾向にあります。

ですが、もちろん『天然由来成分=頭皮や肌に優しい』とは限りません。

というより、この世に天然由来ではない成分なんてほぼないと言ってもいいくらいです。

植物由来成分

これも、天然由来成分と同じようなものですが、要は植物から抽出したものから、作られたものです。

例えば、『ラウリル硫酸Na』という界面活性剤があります。この界面活性剤は知っている人も多いと思いますが、かなり刺激が強くて有名な低品質の成分です。

このラウリル硫酸Naの原料は、ラウリン酸という脂肪酸で、この脂肪酸は『ヤシ油』が主原料です。

ヤシ油とは、ヤシの実の油のことです。ヤシの実は立派な植物ですね。

先ほどのラウリル硫酸Naも、ヤシの実から抽出したものから合成した場合、『植物由来成分』となってしまいます。

いくら植物由来成分だったとしてもラウリル硫酸Naが肌に優しくないことは誰もが知っていることです。

ですが、植物由来成分配合と書いてしまえば、肌に優しい成分であると、消費者は錯覚してしまうので、注意が必要です。

石油系合成界面活性剤

皆さんは石油系合成界面活性剤という言葉を聞いたことがありますか?

これは天然由来成分や植物由来成分とは反対にかなりイメージが悪いものです。

石油系合成界面活性剤とネットで調べると、悪いことがたくさん書かれています。

ですが、よく考えてほしいのは、石油こそ立派な天然成分です。

石油が人工で作れるのなら誰も苦労はしません!

化粧品においては、いろんなところで悪者扱いされているイメージの悪い石油も、イメージの良い天然成分の一つなのです。

つまり、先ほどの『ラウリル硫酸Na』ですが、実はヤシ油だけでなく石油からも作ることができます。

この場合も天然由来成分配合と言うことができますが、石油から作ろうが、植物から作ろうがどちらも『ラウリル硫酸Na』です。

つまり、石油や植物など、何から抽出するかは問題ではなく、そこから何を作り出すかが問題なんです。

『天然』や『植物』は髪にいいの?

ここまでの説明で、なんとなくわかるかもしれませんが、天然由来成分や植物由来成分だからと言って髪に良いとは限らないというのが答えです。

天然由来だから、植物由来だから良いとか悪いとかではないのです。

〇〇由来成分とかはどうでもいいので、結局そこからどんな成分を作ったのか、どんな成分が配合されているのかをしっかり調べて化粧品は購入してください。

ここでは、一般消費者がいかにシャンプーなどの化粧品を購入するときに、イメージで商品を選んでしまっているかを知ってほしかったのです。

シャンプーを買う時に、天然成分100%配合だから購入しよう!とか植物由来成分って頭皮に良さそう!と思って購入だけはやめていただきたいと思います。

本当に良いシャンプーの選び方

では、どのようにシャンプーを選べばいいのか説明します。

ほとんどのシャンプーは化粧品に位置づけられますが、化粧品のルールとして、『配合されている全成分を配合量の多い順に記載する(ただし1%以下の配合量のものは順不同でも良い)』というルールがあります。

つまり、シャンプーの中身をすべて教えてくれているのです!

中には、シャンプーの解析なんか役に立たないという方もいますが、とんでもないです!

確かに、配合順に並べられているだけで、実際の配合量まではわかりませんが、どんな原料がどんな順番で配合されているかを知るだけで、ある程度の刺激性や効果はわかります。

せっかくこんなに消費者に優位なルールがあるなら、それを利用しない手はありません。

全成分表を見ると、わけのわからないカタカナがたくさん書かれており、よくわからないと思いますが、すべてを解析する必要はないのです。

シャンプーは、洗浄するものです。

シャンプーの90%は水と洗浄成分でできています!

なので、洗浄成分に何を使用しているかさえわかればそれだけでもかなり有効です。

水の次に書かれた成分の3~4つぐらいの洗浄成分さえわかればそれで大体はわかります。

本当に良いシャンプーとは、『低刺激かつ、適度な洗浄力をもつ洗浄成分をベースに配合しているシャンプー』ということです。

市販のドラッグストアで売られているシャンプーは洗浄力が高すぎて刺激が強いです。

その反対にベビーソープは刺激はほとんどないですが、その分大人の頭皮を十分に洗えるだけの洗浄力もありません。

刺激がほとんどなく、大人の頭皮を十分に洗える洗浄成分である『アミノ酸系洗浄成分』がベースで配合されているシャンプーこそ、本当に良いシャンプーということになります。

世の中には、薄毛用シャンプー、かゆみ止めシャンプー、抜け毛予防シャンプーなどいろんなシャンプーが悩み別に発売されていますが、基本的に必要ありません。

低刺激で十分な洗浄成分が配合されたシャンプーを使用すれば大抵の悩みは解決しますし、予防できますので成分から是非自分に合うシャンプーを選んでみてください。

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
  ☆人気記事ランキング☆
  カテゴリー
  ★当サイト管理者★

ゆうです♪

肩書:元サロン(美容院)専売品メーカーでヘアケアの研究開発。現在は子育てしながらちょこっと仕事しています!

出身地:愛知

年齢:33歳

3年間サロン専売品メーカーで『研究開発』をしているので、その知識を活かして『正しいヘアケア&お勧めシャンプーサイト』を立ち上げました。

市販のシャンプーも悪くはないのですが、カラーリングやパーマが流行している今、市販のシャンプーだけでは正しいヘアケアができないのが現状です。

インターネット上ではいろんな情報で溢れているのでサロンシャンプー開発者として知識を活かして正しいヘアケアの情報を発信していきたいと思います。

サイトをご覧になって疑問点があればお気軽にお問い合わせください!

お問合せフォーム

  アーカイブ
  メタ情報