シャンプーの選び方

シャンプー界面活性剤の選び方!避けたい成分とおすすめ紹介!

目安時間 9分
  • コピーしました


当サイトでもしつこいぐらい言っていますが、シャンプーの主成分は界面活性剤(洗浄成分)です。

つまりシャンプーの性能を左右するのは、洗浄成分である界面活性剤です!

最近では界面活性剤フリーシャンプーなんて言葉もありますが、界面活性剤不使用のシャンプーは存在しませんし、もし存在してもおすすめできません。

不使用と書かれていても必ず使用されています。

界面活性剤の性能がシャンプーの性能を決める理由

界面活性剤が大切なのは、先程も書いたように、シャンプーは水と界面活性剤で約90%が構成されているからです。

なので、その他の10%でいくら優れた成分を配合したとしても低品質な界面活性剤を使用していては意味がないのです。

また、シャンプーの目的は『洗浄』です。ですので、洗浄成分が優れていればシャンプーとして優れているということになります。

にもかかわらず植物エキスや天然成分の配合量などでシャンプーの善し悪しを判断しているサイトも数多くあり、そのあたりは注意すべきところです。

確かに大手メーカーのCMでは、そのような謳い文句で宣伝しているので、そこが大切と勘違いしやすくなっています。

ただ私もその他10%の成分は全く無意味とは思ってませんので、勘違いしないようにお願いします。

シャンプーを選ぶときはまずは界面活性剤!

わずかこれだけのことを知っているだけでも、刺激の高いシャンプーを購入してしまう可能性は低くなります。

では、肝心な選び方ですが界面活性剤に良い成分を使っているシャンプーをピックアップして、それからその中で使用するシャンプーを絞るときにその他の成分で決めれば良いです。

実際にシャンプーを選んでみる!

では、実際にどうゆう手順でシャンプーを選ぶかですが、実にシンプルです。

まずは欲しいと思ったシャンプーの裏のラベルの成分表を見てみましょう!

『水』からはじまり、たくさんの成分が書かれていますよね。

カタカナばかりで一体どれが良いシャンプーなのか全くわからないと思いますが、シャンプーなどの化粧品の場合は、配合量が多い順に成分を並べる決まりとなっています。

つまり、先程からもしつこく言っているシャンプーの主成分は水と界面活性剤なので、水の次に書かれている成分だいたい3~5種類ぐらいの成分が界面活性剤ということになります。

最初は全く判断できないと思いますが、慣れてくると成分も覚えてくると思うので、どれが界面活性剤なのかわかるようになってくると思います。

どれだけ何種類もの界面活性剤が入っていようとも、その中で一番重要な界面活性剤は、水の次に書かれている成分です。なぜならそれが水を除いて最も多く配合されているメイン界面活性剤だからです。

なので、水の次の成分だけを把握するだけでもシャンプー選びは変わってきます。

では、実際にどんな名前の界面活性剤があるのか見ていきましょう。

市販品に多い刺激強めの界面活性剤

では、市販品によく使われている刺激が高めの界面活性剤をいくつか紹介します。
[table id=1 /]

だいたいこのあたりのラウレス硫酸~とかラウリル硫酸~とかオレフィン~とかがついたら刺激が高めのシャンプーです。

・オレフィン(c14-16)スルホン酸Naを主成分としているシャンプーが、ランキングの上位にランクインしているケースが良く見られますが、この洗浄成分は、ラウレス系ほどではないにしろ、それなりに刺激は高いので注意した方が良いものです。

オレフィン(c14-16)スルホン酸Naは、市販品に多く含まれるラウレス硫酸Naなどど大差ない品質はそれほど高くない界面活性剤なので覚えておいてください!

また、高品質シャンプーの一つに『アミノ酸系シャンプー』というものがありますが、当サイトではこのアミノ酸系シャンプーを最もおすすめしています。

しかし、アミノ酸シャンプーはアミノ酸洗浄成分がどれほど配合されたら、そう呼んでよいのかという明確な定義がないので、アミノ酸系洗浄成分をほんの少し配合しただけの市販品シャンプーでも、アミノ酸シャンプーを名乗ることが多々あります。

やはり、そんな時にちゃんとしたアミノ酸シャンプーかどうかを判断するのも、裏の成分表示が役に立ちます。

裏の成分表示の『水』の次に書かれている界面活性剤が何かで決まるので、市販で売られているシャンプーがアミノ酸シャンプーと書かれていても実際はわからないので、しっかりと成分裏表示を見て、『水』の次に書かれている成分を確認して見極めてください。

上の画像のように、水の次に書かれているのが『ラウロイルメチルアラニンna』と書かれていますね。

この成分はアミノ酸系界面活性剤なので、このシャンプーはしっかりしたアミノ酸シャンプーといえます。

水の次に書かれた成分がよくわからなければ、ネットで検索すればすぐに解答が得られるので、そこで判断してください。

上記の画像は先ほど紹介した『オレフィン(c14-16)スルホン酸Na』を主成分としているので、洗浄力も高いけどその代わり刺激も強そうだなとなります。

高品質シャンプーに使われる優秀な界面活性剤

[table id=2 /]

このあたりを覚えておくと良いでしょう。先ほどのラウロイルメチルアラニンNaも入っています。

そして、上記で紹介した洗浄成分の他にも、主成分として使用されることは少ないが、補助としての使用頻度が高い洗浄成分というのもあります。

『コカミドプロピルベタイン』『ココアンホ酢酸Na』『コガミドDEA』などの名前ですが、これらはどれも高価ではありませんが、低刺激性という意味では優秀な成分なので気にする必要はありません。

よく使われているので、これも覚えておくと良いと思います。

今現在最も優秀なシャンプーはアミノ酸系洗浄成分を主成分として配合した『アミノ酸シャンプー』です。

ですが、このようなシャンプーもアミノ酸系シャンプーと呼ばれています。

もう一度この画像を見てください。

先ほど主成分が『オレフィン(c14-16)スルホン酸Na』なので刺激が強いという話をしましたが、真ん中より少し上に『ココイルメチルタウリンNa』と書かれているのがわかりますでしょうか?

この成分、先ほど高品質であると紹介した中にありましたが、オレフィン(c14-16)スルホン酸Naと比べると配合量に随分差がありそうですよね?

これでも、このシャンプーは『アミノ酸系シャンプー』と言えてしまうので、高品質な洗浄成分がどこに書かれているのかもかなり重要なので、注意してほしいと思います。

先ほどは水の次に書かれていましたが、このシャンプーでは後の方ということになります。

どちらのシャンプーもアミノ酸シャンプーと販売することが可能になるので、どちらがベースでアミノ酸系成分を使用しているか、しっかり確認してください。

しつこいですが、このようにアミノ酸系の成分を補助成分として少しだけ配合してアミノ酸シャンプーとして販売しているケースもあるので注意してください。

頭皮に悩みがあってシャンプーを変えてみたいという方には迷わずアミノ酸系シャンプーをオススメします。

アミノ酸シャンプーの中でも主成分が『ラウロイルメチルアラニンNa』『ココイルメチルタウリンNa』あたりが特におすすめです。

理由は低刺激でありながら、アミノ酸洗浄成分のデメリットと言われる洗浄力不足も解消されているからです。

薬用シャンプーなどの医薬部外品には手を出さないでくださいね!

薬用シャンプーは化粧品ではなく医薬部外品なので確かに効果は出るのですが、効果がある分もちろん副作用もあります。

薬に頼る前に、一度高品質なアミノ酸シャンプーを試してみてはいかがでしょうか。

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
  ☆人気記事ランキング☆
  カテゴリー
  ★当サイト管理者★

ゆうです♪

肩書:元サロン(美容院)専売品メーカーでヘアケアの研究開発。現在は子育てしながらちょこっと仕事しています!

出身地:愛知

年齢:33歳

3年間サロン専売品メーカーで『研究開発』をしているので、その知識を活かして『正しいヘアケア&お勧めシャンプーサイト』を立ち上げました。

市販のシャンプーも悪くはないのですが、カラーリングやパーマが流行している今、市販のシャンプーだけでは正しいヘアケアができないのが現状です。

インターネット上ではいろんな情報で溢れているのでサロンシャンプー開発者として知識を活かして正しいヘアケアの情報を発信していきたいと思います。

サイトをご覧になって疑問点があればお気軽にお問い合わせください!

お問合せフォーム

  アーカイブ
  メタ情報