お勧めアミノ酸シャンプー

脂漏性皮膚炎の治し方は薬?アミノ酸シャンプーと食事で完治を目指す!

目安時間 9分
  • コピーしました


[出典:http://the-b.jp/news/fusioscrub-2/]

今回は、脂漏性皮膚炎という皮膚の病気をヘアケア研究開発者の立場で解説していきたいと思います。

脂漏性皮膚炎って何?

脂漏性皮膚炎は、皮脂分泌の多い頭部や顔にフケのようなものを伴う湿疹や、かさぶたみたいなものを伴う紅斑が見られる皮膚炎です。

初期症状としてはかゆみは全くない方からひどい方までさまざまです。

乳児や高齢者に多発し、乳児に発症するものを乳児脂漏性湿疹と言います。

症状は?

顔や頭、股などのいわゆる洗いにくく皮脂がたまりやすいところに脂っぽいフケのようなものと一緒にでる紅斑で、見た目に反してかゆみは軽度の場合が多いです。

また、高齢者の場合は眉毛や口囲などにも発疹が出る場合も多く、乾燥する冬に悪化することもあるので注意が必要です。

原因は?

人の皮脂中に含まれる中性脂肪が癜風菌「マラセチア」というカビによって分解されることで、それが刺激となって炎症を起こすのが一番の原因です。

カビが増殖することで起こるでんぷうという病気がありますが、脂漏性皮膚炎はでんぷうとは違い、マラセチア菌に感染した感染症ではなく、マラセチア菌に対する皮膚の反応などによって湿疹が生じたものです。

これは、外用抗真菌薬(ステロイド)を塗布すると1〜2週間で症状が軽快しますが、非常に再発することが多く、外用抗真菌薬の再使用が必要です。

また、脂漏性皮膚炎患者さんの中にはステロイドで悪化する場合もあるので、長期の治療は無理で、あくまでも短期的な一時しのぎとなってしまいます。

症状が出る人の傾向としては、刺激性の食物、例えば唐辛子やわさびなどを好む人に多く、これが皮脂の過酸化を促進させて皮疹を悪化させるとの考え方もあります。

また、ビタミンB2やB6の欠乏によっても皮疹を悪化させる原因になります。

この病気は皮膚科医が専門ということになりますが、食事の他にも皮膚を清潔に保つことで予防ができます。

シャンプーがまさにそれで、頭皮の皮脂が原因で起こるので、もちろん日々使用しているシャンプーの種類や頻度も重要です。

シャンプーの刺激が強すぎてかゆみからフケを誘発して脂漏性皮膚炎になってしまうこともありますし、反対に低刺激性のものを必死に選ぶばかりに、洗浄力の低いシャンプーを使用し続けたことで頭皮の汚れを落とせずに、脂漏性皮膚炎になる場合もあります。

日々の食事もそうですが、頭皮に直接つけるシャンプーなので、自分に合ったものを使用することは非常に大切です!

脂漏性皮膚炎の改善に必要なシャンプーとは

脂漏性皮膚炎の原因としては、様々なものがあるものの、皮脂分泌の多い頭部に多く見られるということで、もしシャンプーが原因の場合は、洗浄力不足で髪の毛を掻きむしりすぎたことでなっているかもしれません。

またはシャンプーの洗浄力が強すぎて皮膚の皮脂を奪いすぎたことで、頭皮がより多くの皮脂を出し、その結果頭皮に皮脂がたまりすぎてそれが原因になっている可能性もあります。

シャンプーの洗浄力は強すぎても弱すぎてもいけません。

その人にあった適度な洗浄力のものを使用するのが頭皮環境を整えるという意味ではなによりも一番なのです!

脂漏性皮膚炎におすすめな洗浄成分

①アミノ酸系界面活性剤:ラウロイルメチルアラニン、ココイルメチルアラニンなど
②タウリン系界面活性剤:ココイルメチルタウリンなど

大きく分けると上記の2種類の洗浄成分が配合されたシャンプーの使用が良いと思います。

シャンプーの洗浄力を左右するのが洗浄成分(界面活性剤)というものです。

中にはアミノ酸シャンプーは値段が高いだけで、洗浄力が低すぎてかゆみがでるし・・・とおっしゃる方が私の周りでもたくさんいますが、それは膨大な洗浄成分があるアミノ酸系界面活性剤を一くくりにしているからです。

確かに、アミノ酸系界面活性剤の中には洗浄力が弱すぎるものもありますが、その中で厳選したのが上記の成分です。

①と②に関しては低刺激でありながら、高い洗浄力を伴う洗浄成分です。

刺激という意味ではこれより低いものはたくさんあります。例えばベビーソープに配合されている成分がそれにあたります!

しかし、これより低い刺激性のものを選ぶと今度は洗浄力が十分でなくなるので、注意が必要です。

洗浄力と刺激性のバランスが最も良いのが、『ラウロイルメチルアラニン〇○』『ココイルメチルタウリン○○』などの界面活性剤です。

お勧め洗浄成分が配合されたシャンプー2選

①ハーブガーデンシャンプー

使用している主な界面活性剤(洗浄成分)

・ラウロイルメチルアラニンNa
・ココイルグルタミン酸
・ココアンホプロピオン酸Na

先ほど紹介したように、このシャンプーのベースは『ラウロイルメチルアラニンNa』です。

つまり、このシャンプーの特徴は低刺激で洗浄力もある適度高いシャンプーです!

公式販売サイトはこちら⇒【半額モニター募集中】100%天然成分のかゆみ対策シャンプー

②スカルプセレブシャンプー

使用している主な界面活性剤(洗浄成分)

・ラウロイルメチルアラニンNa、
・コカミドプロピルベタイン
・コカミドDEA

こちらもベースにラウロイルメチルアラニンNaを使用しているシャンプーで、高品質シャンプーで非常に良くあるパターンです。

上記のシャンプーは刺激と洗浄力という意味ではとても高品質です。

また、このシャンプーは5種類用意されており、遺伝子検査をすることで5種類の中から選んでくれるシステムのようです。

この遺伝子検査の信ぴょう性まではわかりかねますが、5種類のシャンプーともベースは同じです!なので、どれが選ばれても品質に差はないので、そこは安心してください。

ただし、シャンプーというのはどんなに良いものでも、人によって合う合わないがありますので上記の2種類のシャンプーはどちらも返金保証制度もあり、解約もしやすいです。

まずは、使用してみて、自分に合うシャンプーを選んでいただければと思います。

公式販売サイトはこちら⇒あなたの遺伝子に合わせたオーダーメイドシャンプーを提案!『遺伝子博士』×ぴったりシャンプーコース

日常生活で気を付けること!

ここに関しては専門外でありますが、皮膚科医の先生のお話によると、生活サイクルの乱れ食事の偏りでも起こりえるそうです。

生活サイクルの乱れとは、主に寝不足ですね。

それと休みの日の夜更かしなどが原因で起こってしまうようです。

また、食事ですと、高脂肪食肉食中心ビタミンB群不足も脂漏性皮膚炎には良くないようです。

お風呂もシャワーだけにせずに浴槽にゆっくりとつかってください!疲れやストレスなども原因になりえますので、頭皮の汚れと一緒にストレスもお風呂で吹き飛ばしてください!

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
  ☆人気記事ランキング☆
  カテゴリー
  ★当サイト管理者★

ゆうです♪

肩書:元サロン(美容院)専売品メーカーでヘアケアの研究開発。現在は子育てしながらちょこっと仕事しています!

出身地:愛知

年齢:33歳

3年間サロン専売品メーカーで『研究開発』をしているので、その知識を活かして『正しいヘアケア&お勧めシャンプーサイト』を立ち上げました。

市販のシャンプーも悪くはないのですが、カラーリングやパーマが流行している今、市販のシャンプーだけでは正しいヘアケアができないのが現状です。

インターネット上ではいろんな情報で溢れているのでサロンシャンプー開発者として知識を活かして正しいヘアケアの情報を発信していきたいと思います。

サイトをご覧になって疑問点があればお気軽にお問い合わせください!

お問合せフォーム

  アーカイブ
  メタ情報